『浄土宗 亀見山 光林寺』

rosso vivo イタリアンキッチンの慌ただしい様子と美味しい料理-先進国の成れの果て

Tags:

⛩️⛩️⛩️ 日本もお寺が沢山ありますが、インドネシアバリ島にもお寺が沢山ありますよ、その最たるものは各家の 横とか前に小さなお寺のようなものがあって、そこに毎日食べ物と花をお供えするんです、花も いつも思うんですがほとんど毎日同じ白い花で、自分の家の暮らしが苦しくても買ってくるんです。

宗教的にbaliヒンズー教がほとんどです、月に一回「絶食」の日があって3日間です、最初の日は「水」も飲めますが中日は水も飲めない また最後の日は水が飲める、宗教によって違いますが、ビーガンっぽいのもありますね、動物食は全く食べないとか、野菜だけとか酒も飲まないとか結構別れてます、かといって無宗教の人は酒も飲むし色々です、baliには沢山の宗教があってその総本山が「キンタマーニ」の山です、日本で言うと富士山みたいな感じです、日本でも宗派によって「酒」も飲まない宗教もありますから、どこも同じですね!

多分お寺の数だったら、baliの方が多いんじゃないのかな?花をあげて、水をあげて、ご飯をあげて、お線香を炊いて、お参りする、一日3回はお寺の前に行って手をあわせる 昔の日本みたいですね 時間的に余裕があるんですね、この前「光林寺に」行って来ました、ここは枝垂れ桜の有名なお寺で、徳川家の三つ葉葵が屋根の上に大きくあります、桜はシーズンになるととても綺麗です、残念な事に老木となって倒れる寸前に、雷に打たれて、桜の木が半分に引き裂かれてしまいました、自然の事とはいうが悲しいことです。

昔むかし1561年信玄公から守護の本尊阿弥陀立像を賜りました、このご本尊は京都の仏師が彫ったと伝えられており、さらに念仏を唱えると夜毎光明を放ったと言われている(30センチ)程の御本尊が胎内に安置されていると伝えられています、屋根の頂上には江戸幕府の直轄寺として「葵」の紋が二つ描かれています、日本だと由来とか物語風なのがよくわかるんですが、バリのお寺は聞いても馴染みがなくてイマイチでした、少しずつ覚える事にします、今の日本人って一般の人は宗教に頼っているわけではないけど、自分の家に仏壇とかある方は盆、正月とその前で手をあわせますよね、流石に花とか毎日供えないでしょうけど、いや いますか?なかなか大変ですけど!

ようやく明日がお休みです、crazyな会社ですが、忙しい時はお互い様でもっと給料をuppppしてくれたらいいんですが、そんな願望はだれでもあるんで、そうもいかないようですね、皆さんも給料upして欲しいですよね、よく言われてますけど、挑戦しないからお金になっていかないんではないかな? 多分自分の生活をもっともッとパワーアップして臨めば結果うまく行くんです、みんな生活に疲れてしまっているからしょんぼりしてしまうのではないかな?

簡単なことは給料upではなくてこんな時期だからこそ 国民全員に30万ずつ給付すれば全部解決ですよ、日本をよくしたいんでしょ?簡単なことでしょ、万札刷ればいいことだけのこと 簡単でしょ、財務省の頭のイカれポンチがやらないだけ、困った日本です!

ありがとうございました   続く  お楽しみはこれからだ!

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Latest Comments